看護師の資格転職

看護師の方がキャリアアップする方法に、
認定看護師を目指すという方法があります。

認定看護師になるには、日本看護協会が認定する資格を取得する必要がありますが、確実にキャリアアップしていきたいのなら、自分が専門性を高めたいと考えている診療科目に合った資格を取得した方がいいでしょう。

キャリアアップ

現在では、食道、胃、十二指腸、大腸をはじめ、胆道、膵管など消化器における内視鏡検査の範囲は広まっています。また消化器出血に対する止血、ガンに対する粘膜削除など治療分野においても、内視鏡は威力を発揮しています。

検査目的に留まることなく、様々な治療にも内視鏡は大いに活用されてきていますから、内視鏡検査技師の資格の取得は看護師としてのキャリアアップに必ず繋がるでしょう。

aaaaaa

看護師としてキャリアアップするのに内視鏡検査技師の資格を所有することは大きなメリットとなります。その内視鏡検査技師の資格を取得することには、どんなメリットがあるのか、その逆に資格を取得したで、どんなデメリットがあるのかを説明します。

メリット① 収入が上がる

  aaaaaaaaaaaaaaaaa

看護師の方が内視鏡検査技師の資格を取得した際の1番のメリットは、やはり収入が上がることです。日本消化器内視鏡学会の認定資格者が在籍していたりする病院などでは、内視鏡検査技師の資格を取得していれば給料が高くなる傾向があるようですし、資格手当の支給がある病院に転職すれば、手当の支給にも繋がりますから、収入面で大きなメリットとなります。

メリット② 転職や再就職で有利

  aaaaaaaaaaaaaaaaa

また、近年、内視鏡は生活習慣病の蔓延に伴ってニーズが高まっていますから、内視鏡検査技師の資格を取得しておけば、転職や再就職の際などの求人面でも大きなメリットになります。

メリット③ やりがいがある

  aaaaaaaaaaaaaaaaa

そのほか内視鏡による検査は常に技術革新が行われている分野ですので、最先端医療に携わっているというやりがいを感じることができることも、看護師の方が内視鏡検査技師を取得した時のメリットと言えるでしょう。

デメリット 仕事量や勉強量が増える

  aaaaaaaaaaaaaaaaa

ただ、常に技術革新が行われているため、勉強会への参加や勉強量が増えてしまいます。そのほか病院によっては、今までは日勤のみでの勤務だったのに、内視鏡検査技師の資格を取得したことで、オンコール待機や、一般病棟と同様の交替制勤務になってしまう場合などもあります。看護師の方が内視鏡検査技師の資格を取得することは、基本的にデメリットはありませんが、仕事量や勉強量が増えてしまい、プライベートなどに影響が出てしまう可能性はあるかもしれません。

aaaaaa

看護師の方が内視鏡検査技師の資格を取得するには、ただ資格試験を受ければいいというワケではありません。資格取得のためには、いくつも条件があるので、どうすれば資格を取得できるかを紹介します。

aaaaaaaaaaaaaaaaa

看護師の方のキャリアアップの方法の1つに内視鏡検査技師の資格を取得するという方法があります。内視鏡検査技師の資格を取得をして看護師としてキャリアアップすることは、良い条件の求人に転職や再就職することにも繋がるなど、看護師の仕事を続けていくのに多くのメリットがあります。


その内視鏡検査技師の資格を取得するために認定試験に合格する必要がありますが、看護師の方がその認定試験を受けるためには、内視鏡検査や治療における実務経験が必要となります。


aaaaaaaaaaaaaaaaa

また、その実務経験も、日本消化器内視鏡学会に所属する病院や施設において、同学会専門医の推薦を受け、内視鏡従事者としての介助実績の証明を受けることが必要となります。さらに学会主催の講習会に出席して解剖学や生理学・内視鏡に関する講義を受けたり、過去5年以内に内視鏡取扱い講習会及び機器セミナー基礎編を受講していることも必要となり、こうした条件をクリアして、やっと認定試験を受けることがでるのです。


aaaaaaaaaaaaaaaaa

その認定試験は年1回、3月中旬ごろに行われていますから、内視鏡検査技師取得を目指している看護師の方は、それまでに受験申請書類を取り寄せて、受験申請手続きを行う必要があります。


書類の取り寄せができるのは試験前年の9月下旬からで、申請手続き締切りは11月末日です。内視鏡検査技師の資格試験は、勉強さえすれば、すぐに受けられる試験ではないので、計画的に条件をクリアしていくようにしましょう

aaaaaa

内視鏡検査技師はキャリアアップを目指している看護師の方にオススメの資格の1つですが、資格試験を受けるのに試験の難易度や合格率は、やはり気になりますよね。内視鏡検査技師の資格試験は、どれくらい難しいのかを調べてみました。

aaaaaaaaaaaaaaaaa

内視鏡検査技師取得は、看護師としてキャリアアップに繋がるだけじゃなく、転職や再就職時の求人にも多くのメリットとなります。その内視鏡検査技師の資格を取得するためには日本消化器内視鏡学会が行っている認定試験に合格する必要があります。


この内視鏡検査技師の資格は国家資格ではなく、日本消化器内視鏡学会を認定先とする民間資格ですので、簡単とは言えませんが、難易度はそれほど高くありません。合格率は50%と言われていすまが、年度によっては試験を受けた人の90%以上が合格した年もあるそうです。


そのためポイントを押さえた受験対策をしていれば、試験に合格できるチャンスはかなり高いと言えるでしょう。


aaaaaaaaaaaaaaaaa

日本消化器内視鏡学会では、より多くの資格保有者数を確保するための努力も行っていて、内視鏡取扱い講習会や基礎的な機器セミナーなどを行ったりしていますので、そうした講習会に積極的に参加して学んでおけば、試験の難易度はそれほど高くないはずです。


こうした講習会やセミナーへの参加は、内視鏡検査技師の資格試験を受けるのに必須となることですし、試験の難易度を下げることにも繋がりますから、積極的に参加するようにした方がいいでしょう。


ただ現役で働いている看護師の方は、休職中の方と違い、日々の仕事の合間に内視鏡検査技師の試験勉強をしたり、講習会などに参加しないといけなくなりますから、難易度は少し上がってしまうかもしれません。

aaaaaa

内視鏡検査技師の目指しているは看護師の方の中には、現在、内視鏡検査技師の資格保有者数がどれくらいかが気になる方もいるでしょう。そこで、内視鏡検査技師保有者数や、内視鏡検査技師の資格はどれくらい需要があるかを調べてみました。

aaaaaaaaaaaaaaaaa

内視鏡検査技師の資格試験に合格し、内視鏡検査技師に認定登録されると、日本内視鏡学会員になることができます。


現在、日本内視鏡学会には31,000人以上の会員が在籍していますが、その数は専門医、指導医なども含めた数なので、看護師の内視鏡検査技師保有者数は3万人より少ないと考えられます。


また現在では、食道、胃、十二指腸、大腸をはじめ、胆道、膵管など消化器における内視鏡検査の範囲は広まっていますし、消化器出血に対する止血、癌に対する粘膜削除など治療分野においても内視鏡が使われていますから、


内視鏡検査技師の需要は低くはありません。


aaaaaaaaaaaaaaaaa

ただ内視鏡検査技師の取得したを看護師の求人数はそれほど多くありません。これは看護師の内視鏡検査技師保有者数が多いからではなく、大病院などでは内視鏡検査技師の資格を取得した専門医や指導医がいるため、看護師の内視鏡検査技師取得者の求人がぐっと少なくなってしまうからです。


aaaaaaaaaaaaaaaaa

ですが小規模の病院でも内視鏡を使った検査や治療を導入するようになっていますから、看護師の方が内視鏡検査技師の資格を取得しておけば、求人に有利になるのは間違いないでしょう。また資格取得を目指すことによって専門的な知識を学べますから、消化器系疾患に興味がある方は、内視鏡検査技師の資格取得しておいて損はないでしょう

aaaaaa

内視鏡検査技師の資格は認定看護師を目指すのに役立つ資格の1つです。そんな内視鏡検査技師の他にも、看護師としてスキルアップや認定看護師を目指すのに役立つ資格があるので紹介します。

内視鏡検査技師のような資格を有している看護師は、認定看護師として特定の看護の分野において、熟練した看護技術や知識をもっていると認められた看護師として多くの求人があります。内視鏡検査技師の資格は消化器看護の分野の認定看護師を目指すのに役立つ資格ですが、

aaaaaaaaaaaaaaaaa

そのほか、生活習慣病関連の疾患を患う人が増えていることから、糖尿病や透析治療にチカラを入れる病院が増えています。そうしたことから糖尿病看護や透析看護の認定看護師の求人数も増えています。そのため透析療法指導看護師のような資格を取得しておけば、看護師としてのキャリアアップに繋がるだけじゃなく、転職や再就職時の求人にも繋がるでしょう。